menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ロレックスにオーバーホールは必要?いつ出せばいい?

ROLEX

なぜロレックスにオーバーホールは必要なのか?

ロレックスのムーブメントは機械式で、様々な歯車や動力源であるゼンマイ、精密なパーツが多々組み合わさり高い精度を誇っています。高い精度を保つには油の状態と使用されているパーツのコンディションが良くないといけません。 時計に使われている部品は磨耗しない様、各部ごとに適切な種類の油が注油されていますが3年位で油は乾いて汚れとなります。油が無く汚れた状態で金属パーツが摩擦することにより精度不良や巻上不良、作動不良となってしまいます。
また定期的なオーバーホールは、気づいていない深刻な不良を事前に発見することが可能です。パッキンなどは5年ほどで劣化してきているため、気づかない内に防水不良や、内部錆びなどにより腐食が進み高額な修理費用になる可能性がございますので注意が必要です。

ROLEX

ロレックスのオーバーホール時期は?

ロレックスの作動不良や不具合が生じる主な原因は、油の状態が悪くなったことや、内部パーツの摩耗や劣化・破損が主な原因です。定期的にオーバーホールを行うことで、油の状態を維持し、パーツの摩耗を軽減させることで、永くロレックスを使用することが可能です。では、いつオーバーホールに出すのが望ましいのか説明していきます。

オーバーホールが望ましい時期は3~4年

ロレックスのオーバーホールが必要になる時期は3~5年が目安となります。ロレックスのムーブメントにはパーツの摩耗を軽減するために油を注していますが、油は3~5年で汚れや酸化してしまうので3~5年を目安にオーバーホールをするのが望ましいです。何か不具合が見られるようであれば、そのまま使用せずオーバーホールをするのがよいでしょう。油切れや鉄粉などが生じ、他のパーツも傷んでしまう場合があるので動かなくなるまで使用するのは控えた方が良いです。

使用頻度や使い方、環境によってオーバーホールの時期は異なります

ムーブメントに使われている油は、歯車やパーツが動いている方が汚れは早まります。腕に付けていなくても秒針が動いているようですと、内部の歯車やパーツは作動し続けているので油の状態が悪くなるのは早まります。そのため毎日使用されているとオーバーホールの間隔も短くなります。

では、使用していないとオーバーホールの時期は長くても良い?と考えてしまいますが、そういう訳ではありません。10年以上も使用は可能なこともございますが、油は使っていなくても酸化したり汚れてしまうため、油の状態が悪くければ使用することでパーツが摩耗して傷んでしまうことがありますので注意しましょう。

ROLEX

定期的なオーバーホールのメリット

ロレックスのオーバーホールのメリットは、1つ1つの部品を洗浄注油することで、性能を新品時のコンディションに戻すことです。 精度や巻上機能、様々な機能なども油切れにより調子が悪くなってしまうため、定期的にオーバーホールをすることで、本来の機能へ戻すことが可能です。

機械式時計はたくさんの歯車などが1つ1つ噛み合って動いています。そのため部品と部品が重なる箇所は摩耗しやすくなっているので、油切れの状態を続けているとパーツの摩耗頻度が高くなってしまします。良い油の状態を維持することでパーツの摩耗などを最低限に抑えることが可能となります。

CIENのオーバーホール

町の修理屋によっては社外品を使用するお店もありますが、CIENで行うロレックスのオーバーホールは純正パーツ使用で修理を行っています。そのため今後日本ロレックスへ修理を依頼しても受付して頂けます。 技術に関してもロレックス専任の担当者が専用工具を使用しての対応のため、ムーブメントに傷をつけられたなど、心配な方にはご安心して頂けます。

ロレックスのオーバーホール料金について問合せ